ビジネス

松屋「美術催事」の販売額2.5倍 売れ筋アートは200萬?300萬円

 松屋銀座本店は、外商事業の強化の一環として美術催事「オータム?アートフェスタ」を11月10日から16日まで開き、販売額が前回の2.5倍の1億円超に達した。百貨店がもともと得意とする東山魁夷や片岡球子ら巨匠の作品だけでなく、現代アートの作品を豊富にそろえることで、若い富裕層も呼び込んだ。200萬?300萬円の絵畫作品が人気を集めた。

 コロナ下のステイホームで美術品への関心が高まっている。松屋銀座は10數年前に常設の畫廊を閉鎖していたが、外商客のニーズの高まりを受けて2020年秋に美術催事を始めた。昨年秋、今年春と開催を重ねるごとに規模は拡大。今回の開催は今年春開催に比べて作品數や展示スペースも1.4倍に増やして臨んでいた。

 誰でも入場できる美術催事として開催したものの、購入者の9割は招待した外商顧客だった。中心は50代。現代アートでは30代の経営者など比較的若い世代の購入も目立った。

 同社は美術部門で長いキャリアを持つ藤原浩二氏を今年4月に外商事業部に異動させ、外商顧客の細かい要望に応える美術品販売の態勢を整えた。藤原氏は「お客さまを待つのではなく、われわれの方から積極的にアートのある生活を提案していく」と話す。

 催事では全體の半分を村上隆、KAWS、KYNE、榊貴美ら現代アート作家の作品で構成した。最も反響を集めたのは、話題の米國人アーティスト、ミスター?ブレインウォッシュの作品群で1000萬円を超える絵畫にも成約が入った。現代アートは作品としての人気だけでなく、長期的な値上がりが期待できる投資としても富裕層の注目を集める。

 同社の外商事業は店舗で扱っていない商材やサービスの拡充に力を入れている。今年春の人事でメンズファッションの有名バイヤーだった宮崎俊一氏を外商事業部に異動させた。美術においてもスペシャリストである藤原氏を外商事業部に移し、その知見とネットワークを顔の見える外商顧客のために生かす。外商事業部の宇田川厚?販売チャネル企畫課長は「松屋銀座は売り場面積3萬3000平方メートルと百貨店してはコンパクトなため、品ぞろえには限界がある。だが、社內のエース人材の知見を活用すれば、目の肥えたお客さまの期待を上回る提案ができる」と話す。

最新號紹介

WWDJAPAN Weekly

ファッション&ビューティメディア大特集 一緒に働く人も目指す人も必読!

11月29日発売の「WWDJAPAN」は、毎年恒例のメディア特集です。今週號には10社、14媒體、そして総勢32人の個性豊かな編集者が登場します。特集は、コロナ禍で編集長に就任&復帰した「25ans」と「MEN’S EX」そして「ハニカム(HONEYEE.COM)」編集長の座談會からスタート。「おめでとう」より「大変だね」と言われることが多かった編集長は、コロナが背中を押したかもしれない新事業への…

詳細/購入はこちら
午夜dj在线观看免费完整高清大全-午夜dj在线直播视频免费观看 桃花视频在线高清免费观看
乡城县| 长乐市| 邵武市| 长宁县| 固阳县| 嘉祥县| 雅安市| 哈尔滨市| 吕梁市| 康保县| 鄢陵县| 临沂市| 芜湖县| 武乡县| 崇明县| 顺平县| 公安县| 淳化县| 太仆寺旗| 四平市| 会同县| 江门市| 蕉岭县| 峡江县|