ファッション

「ねぎらいの気持ちを表現」 トモ?コイズミが「東京エディション虎ノ門」とコラボしたクリスマスツリー登場

 デザイナーのトモ?コイズミがデザインしたクリスマスツリーが、「東京エディション虎ノ門(THE TOKYO EDITION,TORANOMON 以下、エディション)」のロビーフロア31階に登場した。コイズミのシグニチャーであるラッフルが施された華やかなツリーは、ピンクやレッドで彩られ華やいだ気分にしてくれる、このツリーは実はドレス。12月26日?2022年1月6日は、ドレスとして展示される。コイズミにこのコラボレーションやコラボに込めた思いなどについて聞いた。

WWD:このクリスマスツリーに込めた思いは?

トモ?コイズミ:“ねぎらい”の気持ちを込めて作った。コロナ禍でみんな大変なので、気持ちだけでも明るくハッピーになるものにしたかった。色合いや大きさにもこだわり、一目見て、“かわいい” “美しい”と思ってもらえるようにしたかった。

WWD:制作にかかった時間は?

コイズミ:約1年半。今まで作ったドレスの中で一番たくさん素材を使った。12月26日までは、クリスマスツリーとして展示されるが、それ以降22年1月6日まではドレスとして展示する。肩紐のついたサックドレスだ。

WWD:「エディション」とコラボした経緯は?

コイズミ:昨年のオープン時に、コレクションを2階のミーティングスタジオに展示させてもらったのがきっかけだ。また、イギリス?ロンドンの友人を通して、「エディション」のファーストゲストになった。今回のコラボも、ファッション性が高い「エディション」と相乗効果があると思い取り組んだ。

WWD:宿泊した感想は?

コイズミ:ミニマルで不必要なものがないすてきな部屋だった。ラグジュアリーホテルというと、ゴテゴテしている印象があるが、「エディション」の部屋は“センスのいい家”といった感じだ。

WWD:今後のクリエイションについては?

コイズミ:衣裝デザイナーとして、エンタメ系の衣裝を作ってみたいと思う。今年開催された東京オリンピックの開會式のMISIAの衣裝が代表的。今後は、米ハリウッドのMETガラなどのレッドカーペットの衣裝をデザインしてみたい。コンテンポラリーダンスやオペラなどの衣裝にも興味がある。

WWD:自身のスタイルを表現すると?

コイズミ:華やかなものが好き。それが私の原點だから、それを追いかけたい。10代のころに見たジョン?ガリアーノ(John Galliano)による「ディオール(DIOR)」のオートクチュールが大好きだ。だから、パリのオートクチュールに參加するのが夢だ。フレグランスも作ってみたい。

最新號紹介

WWDJAPAN Weekly

ファッション&ビューティメディア大特集 一緒に働く人も目指す人も必読!

11月29日発売の「WWDJAPAN」は、毎年恒例のメディア特集です。今週號には10社、14媒體、そして総勢32人の個性豊かな編集者が登場します。特集は、コロナ禍で編集長に就任&復帰した「25ans」と「MEN’S EX」そして「ハニカム(HONEYEE.COM)」編集長の座談會からスタート。「おめでとう」より「大変だね」と言われることが多かった編集長は、コロナが背中を押したかもしれない新事業への…

詳細/購入はこちら
午夜dj在线观看免费完整高清大全-午夜dj在线直播视频免费观看 桃花视频在线高清免费观看
玉林市| 东阿县| 应城市| 长泰县| 江永县| 阜康市| 寿光市| 措美县| 富源县| 手机| 铁岭县| 崇义县| 连平县| 奉化市| 临武县| 清河县| 平顶山市| 朔州市| 田东县| 阿巴嘎旗| 卫辉市| 衡水市| 亚东县| 蕉岭县|